2011年06月28日

【277杯目】中華麺 櫻屋/中華そば 中500円

11-06-07_001.jpg

こんにちは。並盛りアニキです。

いや、最近またラーメンエクスプロール魂が再燃し、あちこちめぐっています。今回も新店ですね。

場所は裁判所の近く。前もラーメン店だったところです。店名は『中華麺 櫻屋』。ネーミングからしていかしていますね。「中華麺」というフレーズ。そして「櫻」の漢字。この一角はクラッシックなお店が多く、馴染んでいて非常にいいと思います。あたりのお店はじゃりン子チエ的な世界観バリバリです。
11-06-07_003.jpg


で、お店の前にあった前衛オブジェ。なんかみなさん涼しい表情でキープザフェイスしてらっしゃいますが。。。
11-06-07_002.jpg



お店に入りました。意外に広い印象ですね。前のラーメン店の時にも足を運んだことがあるのですが、こんなに広かったっけ?

まず、目についたのがこれ。
11-06-07_009.jpg


入って左手の壁にディスプレイされています。我らが小学校の時に恋い焦がれたシャアザクのメカニックモデル。当時2500円だったでしょうか。300円のガンダムと、1500円の可変バルキリーも素敵ですが、やっぱり男は黙ってシャアザク。ハイテクノロジーなMGとかHGとかPGとかいう最先端プラモデルが全盛の時代にあって、「このメカニックはないよなあー」とか思いながらカウンターに座りました。でも、やっぱり好き。

座った瞬間、「ランチはあちらです」と声をかけられました。そっちを見ると張り紙がしてあって、タンタンメンと中華がゆで650円のセットのようでした。日替わり?

せっかく声をかけてもらったんですが、ここはやっぱりスタンダードでゴー。「中華そばの中をお願いします」と控えめにオーダーしました。なんせ並盛りアニキなもんで。

改めてみると、全体的にクラッシックです。こんなのもあります。
11-06-07_005.jpg

コップもレトロ。
11-06-07_008.jpg


ラーメンが届きました。

キャベツにモヤシにねぎたっぷり。大ぶりなキクラゲがたまりません。味は醤油が濃い目で、麺が色づくレベル。貝柱とか入っていて、ちょいピリ辛です。変わった味わいですね。

ラーメンのほかにも定食メニューが充実していました。

おおおっと、今調べて驚きました。この『櫻屋』という店名。あの偉大なるロッケンロールダディの娘婿モックンが演じたことでも知られる「鳥人幸吉」こと、岡山が生んだ英雄・浮田幸吉さんの別名が「櫻屋幸吉」らしいのですよ。旭川に架かる京橋の欄干から空へ向かって羽ばたいた(失速して落下?)早すぎたリリエンタールこと表具師幸吉のスピリットを平成の世の中に体現しようとしているのでしょうか? 考えすぎ? そんなことねえって!←適当


「中華麺 櫻屋」
□岡山市北区蕃山町4-12
その他不明です。


posted by ラーメンexp at 15:56| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

【276杯目】萬福軒(2回目)/野菜がっつりラーメン750円

こんにちは。並盛りアニキです。

最近また新店ラッシュなんですかね? いろんなところから「〇〇もう行きました?」的な話をいただきます。新店はできる限り足を運ぶようにしているんですが、場所だったり、時間だったり(夜のみ営業の店は行きにくい)の条件が合わなくてなかなかですねえ。まあ、頑張ってみます。

前々回「次回もまた、コレ系でいきますか?」と宣言した「コレ系」、新店ではありません。皆さんおなじみというか、かなり愛されているお店です。

【135杯目】で紹介した『萬福軒』さんですね。みなさんへの公約を守るべく、宇野まで行きましたよ。助手席には「半熟煮玉子娘。」さん。休職中ですが、「ラーメンは別です」と気合入りまくりです。

ご存知かどうかわかりませんが、我々、TJおかやま本誌の方でもレギュラー連載をしていまして、以前このお店を紹介しているんです。その時に紹介したのは「鶏白湯(とりぱいたん)」。いつもはベーシックなメニューを紹介するこのコーナーで珍しく変化球的な紹介だったので、正直不安もあったのですが、かなり反響もあったようでほっと一安心。

で、その日は火曜日。火曜日と言えば当然、「一期一会」ですね。「その日限りの特別メニュー」ということで、かなり人気のメニューです。半熟煮玉子さんはとても素直なのでそれをチョイス。ワタクシはひねくれているので、「野菜がっつりラーメン」を頼みました。

「野菜がっつりラーメン」。「野菜」というヘルシーな単語と、「がっつり」というジャンク菜キーワードのコラボレーション。一見「野菜ラーメン」と思ってスルーしそうになるのですが、いわゆるひとつの「アレ」なんですね。ここしばらくワタクシが巡っている「アレ」です。

「これ、最近本当に人気があるんですよ。リピーターも多くてね」とお母さん。しばらく待っていると、満面の笑みをたたえたご主人がこんもりと野菜が盛られた丼をもってやってきてくれました。

目の前に置かれるなり、店主に頼みます。「天地返しお願いしてもいいですか?」「わかりました」。

「天地返し」…なんともスケール感あふれる言葉ですが、要はスープが下の方にたまっているので、こんもり盛り上がっている野菜の上の方は味が薄い。そこで混ぜ混ぜして食べたいんですけど、普通に混ぜると完璧に周りに野菜が飛び散ってしまう。

そこでこの大技。これをつかって「天」と「地」をひっくり返すと、あら不思議。これはまさしく「麺と汁とのエクスタシー」。角川春樹もびっくりの究極奥義なのです。

今、ネットで調べてみたら、YOU TUBEにアップされてましたね。すごいですね。あえて貼り付けはしないので、ググってみてください。

ワタクシも珍しくラーメン写真を撮ってみました。


11-05-31_001.jpg
これが普通の状態。こんもり具合マックスで箸がつけれんわ。

で、ナルトとかチャーシューを横へよけて、えい、やー、とう!

11-05-31_002.jpg
これが天地返しです。

11-05-31_003.jpg

最近、またさらに麺が太くなったとかで、大絶賛進化中だとか。やりますなー。

ちなみに、半熟煮玉子さんの「一期一会」は、ゆず塩っぽいラーメンでした。女性にぴったりな一杯ね。

11-05-31_004.jpg


そういえば、お店にお邪魔したのは繁忙時間が終わって一息ついた2時半ごろ。外回りをしている者にとっては、アイドリングタイムなしでのぶっ続け営業をしているお店は本当にありがたいんですが、「なんで休憩取らないんですか?」ときいたところ、「隣がお店(スーパー)やってて、こっちへ抜ける通り道があるでしょ? だから休憩してても常連さんが入ってきちゃうんですよ(笑)。だから休めないの」ガハハ。

ということで、がっつりいただきましたわ。このタイプのラーメンは味が濃い印象がありますが、意外とすっきり食べられました。でもボリューム感はしっかり残るのでメンズにはおすすめですなー。

ちなみに、何回か前のエントリーで半熟煮玉子さんが書いていましたが、この帰りにまた新しいお店を発見しました。また機会があればチャレンジしたいと思います。

(by並盛りアニキ)

「萬福軒」
□玉野市築港1-10-24
□0863-31-9151
□11:00〜21:00
□日曜日(不定)
posted by ラーメンexp at 09:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

【275杯目】小豆島ラーメン ひしお HISHIO /土庄そば750円

201106101333000.jpg

こんにちは。並盛りアニキです。

前回「次回もまた、コレ系でいきますか?」と対象者がきわめてわかりづらい投げかけで終わっていたにもかかわらず、前言撤回。今回はできたばっかりの新店にお邪魔してきました。

エクスプロールしたのは6月10日。小雨の降る中、岡山駅前で彼女と待合せです。彼女とはモチのロンで「半熟煮玉子娘。」さん。現在絶賛お休み中なのに、このためにわざわざやってきてくれたのでした。

そうです。このお店、この日がオープン日。普段は人であふれるオープン日は避けることが多いわれらですが、今日は我慢ができず駆けつけた感じです。

「小豆島ラーメン」。そう聞いて最初に浮かんだのは「オリーブ入りのラーメン?」「麺はそうめん?」「大石先生が12人の生徒を従えてチャリで運んでくるの?」などという素朴な疑問。おそらく貴方もそうでしょう(3つめは違うか)。でも、どうやらいずれでもない様子。ならばなぜに小豆島?

ワタクシは岡山県南の港町育ちでして、小学校の目の前は瀬戸内海という、今考えてみれば恵まれた環境で育ちました。瀬戸内海のかなたにいつも見えたのが小豆島! そう、小豆島はわれわれ岡山県民にとって、非常になじみの深い、でも実は県外だという「親しみのある異国の地」なんですね。

で、やっぱり小豆島で麺といえばそうめんだし、香川県という部分ではうどんだろうし。「小豆島」と「ラーメン」という二つのキーワードがなかなかリンクしません。

というわけで興味津々。そういう理由でオープン日を楽しみにしていたのです。

まずはかなりおしゃれな外観。外には「花屋か!」ってくらいの勢いでお祝いの花が届いています。なかにはこんなものもあるだに。
201106101332002.jpg


ロゴマニア(正式には書体マニア)な相棒は「ロゴがかわいい」と珍しく絶賛。小豆島の「豆」をデザインしておるんですな。
201106101332001.jpg


店内に入るとスタイリッシュ感はさらにアップ。そして要所要所に「ざるに入ったイリコ」「小豆島醤油の瓶」などが配置されています。実はこれがキーワード。「小豆島ラーメン」とは、小豆島の醤油と、近海で獲れるカタクチイワシ(イリコの原料)をふんだんに使った本格志向のラーメンだったんですね。

メニューは大きく分けて2種類で、濃いめの「醤(ひしお)そば」650円、あっさりめの「土庄そば」750円があります。それぞれ、かなり凝った意匠で食欲をそそります。迷った挙句、ワタクシは土庄そばを、相棒はひしおそばにして、食べ比べることにしました。

で、その味わいなんですが、はっきり言って驚きました。「ひしおそば」は作りこまれたスープの中で醤油がしっかりと主張してきます。店内には魚介系のいい香りが立ち込めていて、バランス良い1杯に仕上がっています。一方「土庄そば」は、白菜や柚子などが入っていてヘルシーな印象。女性に喜ばれそうですね。でも、あっさりだけではないスープは思わず何度もすすってしまいます。

店名の「ひしお」とは「醤」。アカデミックに言うと「食品を麹と食塩で発酵させたもの」だそうですが、小豆島にわたって、観光地である「二十四の瞳映画村」のほうへ向かうと、一大醤油生産地を通ります。醤油の香りが立ち込めていて、そりゃあもうたまらんのんですが、あのあたりを「醤の里」というらしいですね。そのなかでも最老舗のヤマサン醤油製の高級醤油を使用しているとか。そりゃうまいわ。

ここで驚きなのが替え玉です。メニュー表には「替え玉 こころゆくまで」と書かれています。つまりは無料。何杯食べても無料。オープン記念とか、期間限定とかじゃないですよ。だってメニューに印刷してましたもん。「食べ過ぎて気持ち悪くならない程度に」ということだそうです。これは、前代未聞じゃないですか?少なくともワタクシの知る限りでは。

あと、ここのお店は市内にあるラーメンの実力店で修業をされた方が店長をされているのですが、「小豆島ラーメン」というコンセプトで岡山に出店するに当たり、岡山でも有数の割烹料理店のご主人(かなりの大御所・重鎮の方です!)がメニュー開発にかかわったり、複数店舗を経営する別の人気ラーメン店がバックアップをしたりと、バックボーンがかなり充実しているんですよね。

つまりは、割烹仕込みで基本ベースがしっかりしている。そのうえでラーメン店のダイナミックさや面白さが十分生かされている。さらに接客やオペレーションなどサービス面もしっかり強化して…ということですね。これってすごいですよね。

ところが、「替え玉無料」や「有名店の〇〇で修行!」みたいな付加価値の部分をほとんどPRされてないんですよ。店内に大々的に張り出してたり、声高にしていないんです。普通はしっかりとアピールするところでしょう。ワタクシなんかは「情報」を扱う仕事をしているので、正直「もったいないなあ」とおもうのです。それだけで十分売りになるのに。謙虚にもほどがありすぎ!

ここからは想像ですけど、何より「小豆島」というコンセプトを一番に打ち出したいんでしょうね。あれもこれも出してしまうと特徴がぼけてしまうし。というか、そんな理屈よりもなにより「出来上がった1杯の味わいにこそ、心から満足をしてほしい。替え玉も、お店に橋を運んでくれた人が、メニューを見て喜んでオーダーしてもらえばいい」そういう強い意志があるように思えてならないんですよ。もちろん、味に自信もあるんでしょう。実際においしいし。確かに「替え玉無制限無料!」なんてノボリをたてるような振る舞いは、このお店の雰囲気に合いません。

ということで、前回「半熟煮玉子娘。」さんが、「大盛り&替え玉封印の約束をしたアニキが替え玉を頼みました」とリークをしでかしてくれていましたが、「無料の替え玉」。これを試してみないと男じゃないですよ!

なんと、カウンターの目の前に替え玉専用の寸胴が置いてあって、スタッフの方が手際よく麺を切ってらっさやいました。目の前だったので、迫力ありあり。こんな店、ほかにはないわ。

あと、小豆島ブースがあったり
201106101332000.jpg

「醤油サイダー」「オリーブサイダー」ってのがメニューにあったり、ディスプレイされてたり。「変わり種ドリンクマニア」な私にはたまりません!
201106101330000.jpg

ラーメン以外にもネタは豊富に用意されています!

そういえば、店の前で女子高生が「何この店。ラーメン屋?行ってみたーい」とキャピっておりました。女子には圧倒的にうけそうですが、本格志向のラーメン男子も十分満足できるのでは? あとやっぱり立地でしょう。駅前のこの場所ですから、なにかと立ち寄る機会も増えそうです。

小豆島愛にあふれた一杯。ぜひ試してみてください。それから替え玉は節度を持って!腹ペコキッズは特に注意!

(by 並盛りアニキ)

「小豆島ラーメン ひしお」

□岡山市北区本町2-23 1階
□086-201-1110
□営業時間 11:00〜23:00
□休 未確認です
posted by ラーメンexp at 19:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

【274杯目】麺屋べんてん/つけ麺750円

こんばんは夜
半熟煮玉子娘。デスグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)手(チョキ)

今のところ順調に更新が続いていますが、
またいつなんどき、できなくなるかとちょっとハラハラふらふら
今のところは地道に活動を続けてまして、
実は、今日もアニキと現地集合で、
新店エクスプロールに行ってまいりました演劇
どこに行ったかは後日アニキが書いてくれると思いますが、
そのとき、アニキは、
「なぁ、非常に言いにくいんじゃけど、替え玉頼んでもいいかなexclamation&question
と替え玉を食べたことだけ、報告しますパンチ
ホント、並盛りアニキってわざわざ改名して、
大盛りや替え玉は食べないなんてするから、
替え玉もおもいっきり食べられないんですよねぇダッシュ(走り出すさま)
大盛りアニキにまた名前戻せば、快く食べれるのに。笑

というわけで、
出来る限り、頑張ってまいりますので、
よろしくお願いいたしますあせあせ(飛び散る汗)

さてさて、今日はオープンしてから2回目の訪問となりました
『べんてん』さんですッグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)るんるん

つけ麺LOVERSの私にとっては、ここがオープンしたのを聞いて、
アニキと調整するのを待てず、以前1人で行っちゃいました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

んで、おいしかったので、また機会があれば行きたいなぁー(長音記号2)と思っていたら、
TJ6月号に「お得なランチタイムメニュースタートexclamation×2」とあったので、
早速GO車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

ご存知の方も多いと思いますが、
こちら、つけ麺専門店の草分け的存在『えびすらーめん』の姉妹店なんですね黒ハート
まぁ、うまくないわけがないひらめき

こちらが、つけ麺左斜め下
benten-tsukemen.jpg

表題には、「並盛り」750円とありますが、
ランチタイムは、並盛りの金額で大盛りにできるとあって、
一応、大盛りにしてみましたハートたち(複数ハート)
(アニキのこと、言えんよね、あたしも…)

特に好きなのが、麺exclamation×2
店内に製麺室があって、外からも見えるようになっています。
benten-seimen.jpg

つけ麺ってやっぱ麺が大事ですよね揺れるハート
こちらの自家製麺は、極太の無添加。
鶏や魚介の入ったスープともよく絡んでくれます手(チョキ)

ほんでもって、チャーシューもおいしいんですよ。
見てください、コレ左斜め下
benten-tsukecha-.jpg

結構食べ応えのあるしっかり系チャーシューデス。
ランチタイムは、ごはんものも100円オフということで、
チャーシューめしも左斜め下
benten-cha-don.jpg

ほかにも、サーモンめし、トロロめしとまぁ私の好きそうなどんぶりが黒ハート

トッピングの半熟煮玉子もいい感じデス左斜め下
benten-nitamago.jpg

アンチつけ麺さんは、こちらの「らーめん」650円をどうぞ左斜め下
benten-ramen.jpg

こちらも、こってり系のWスープで、もちもち感のある麺も
しっかり楽しめますわーい(嬉しい顔)
そうそう、卓上には、ゆず皮たるものや、
にんにく酢なんてものもありましたよexclamation×2左斜め下
入れるとまた違った味わいが楽しめます黒ハート
benten-taku.jpg

というわけで、言うまでもなくお腹いっぱいで帰路に着きました家
チャンチャン。

by.半熟煮玉子娘。

■麺屋べんてん
岡山市中区東川原155-1
086-272-1557
営11:00〜24:00
休なし P16台
posted by ラーメンexp at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

【273杯目】食楽/ラーメン(二郎系)650円

11-05-30_001.jpg

どうも! 並盛りアニキです! あまりの更新ペースの素晴らしさに、我ながら目まいがしますが、楽しみにしてくださっている人もいる様子。ずっと維持できるように頑張ります。

さて、前回の「まぜそば」に引き続き、今回も同系統のラーメンのご紹介です。倉敷は笹沖からちょっと水島よりの吉岡っていう地名なんですね、にある『食楽』さんです。TJおかやま6月号のP71でも紹介されているのですが、「メニューを一新し、二郎系になった!」という噂は私の耳にも届いていました。ただ、倉敷に足を運ぶ機会が最近少なく…。

そんな時、倉敷市新田での撮影が入ったのです。時間は17:00から。カット数も多いので終了は18:30〜19:00くらいですね。「よし、今日は『食楽』に寄るぞ!」と誰に宣言するでもなく、密かに心に誓ってその日の業務を終えたのです。

駐車場に車を止めました。目の前にメニュー表が現れます。でかい看板ですね。

11-05-30_002.jpg

唐突に「デスチキン」。まずこれにやられました。「デス」で「チキン」ですよ! これがマーティ・マクフライ君ならば、「ノーバディ・コールミー・デスチキン!」と叫びながら、帽子を床にたたきつけるところでしょう! 若干「チキン」違いな気もしますが、いきなりの先制パンチにフラフラしながら店内に入りました。

「うわ、すげえが!」「マジか?」

私が座ったカウンターの奥のテーブルに座っている学生たちが歓声を上げています。思わずガン見すると、彼らの目の前には大盛りのラーメンが! なにがすごいって、丼からうず高く盛り上がったモヤシの勇姿! 写真がないのが残念ですが、さすがは二郎系ですね。すさまじいボリュームです。リニューアル間もないにもかかわらず、腹ペコキッズたちのハートをわしづかみにしているようですね。

メニューを見ると、細麺の普通のラーメン(中華そば)もあるようですが、ヤングな学生たちの手前もあります。「負けられるかよ!」とハヤト・コバヤシ的な対抗心バリバリで「ラーメン(二郎系)」をオーダーしました。「ぶちそば」も気になりますが、ここはやっぱり二郎でしょう! VIVA二郎!(「びっくり日本新記録のチャレンジボーイ」や「元WBC・WBA世界スーパーフライ統一チャンピオン」ではないほう)

で、二郎系と言えば、一部で「呪文」とかうっとおしいことを言われている、独自すぎるオーダー方法が有名ですが、初めてで野菜大盛りはタブー(カトちゃんじゃないほう)だそうです。なので、素直に「全部普通」でお願いしました。脂も濃さも普通です!

注文してしばらく、「お〜い!竜馬」を熟読しながら待っていると、目の前を日本昔話的な盛り方をしたご飯が横切りました。これは、TJにも載ってたやつですね。文字通りマンガみたいなやつ、です。90円でこのバカ盛りが実現可能というのはやっぱりすごい。とことん腹ペコキッズの味方なんですな。味方すぎます!

ラーメン到着。全部が普通のオーダーなのに、かなりのボリュームです。太麺はしっかり、モヤシはシャキシャキ。チャーシューは箸で持ち上げようとすると落ちるくらいのトロトロで、すべての具材が主張しまくりやがってます。

そういえば、テーブルに一味とどろラー油ってのがありました。どろラー油?

あと、トッピングにはジョロキアっていうのもあります。調べてみると「世界一辛い唐辛子」…って、ハバネロの立場は? ちなみに「暴君ハバネロ」という激辛スナックを出した『東ハト』は、「大魔王ジョロキア」という商品をだしたそうです。「もはや無敵の暴君に、最凶のライバル登場!!」ってキャッチコピーも秀逸! 何の話やねん。

そんなこんなで、個人的に大盛り上がりでお店を後にしました。早い時間からスウィッチが入っていたので、大満足でしたね。倉敷まで足を延ばしてでも味わいたいと思える1杯でした!ちなみに外の看板にあった「デスチキン」は、目を丸くするほどの激辛!だそうです。

次回もまた、コレ系でいきますか!

(by 並盛りアニキ)

「食楽」

□倉敷市吉岡412-5
□086-422-3777 
□営11:00〜15:00/18:00〜22:00 ※木曜は昼のみ
□休 なし
□P12台
posted by ラーメンexp at 19:12| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

【272杯目】マルハチ 岡山壱号店/マルハチラーメン400円+煮玉子100円

こんばんわ夜
半熟煮玉子娘。デスグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)るんるん
先日、久しぶりに、アニキと遠方エクスプロールに行って来ましたexclamation×2
まっ、エクスプロールというか、いただいたことがある店なんですけど、
帰りに、新店も発見手(チョキ)
やっぱり、日々エクスプロールしていないと、
こういう新店ネタ、分からないよなぁ〜とつくづく実感あせあせ(飛び散る汗)
というわけで、この日のことは、またアニキが報告してくれると思うので、
チェックしちゃってくださいなわーい(嬉しい顔)

私が今日ご紹介するのは、岡山に上陸してから半年くらい経った、
倉敷の名店『マルハチ』さんの岡山店デスかわいい
あのラーメンストリートにオープンさせたということで、気になっていましたが、
なかなか行けず…もうやだ〜(悲しい顔)
かなり久しぶりということで、残念ながら雨の日でしたが、
アニキと楽しみに行ってまいりました手(チョキ)

まだ、オープン価格ということで、「らーめん」も400円がく〜(落胆した顔)
なんてすばらしいコストパフォーマンス黒ハート黒ハート
アニキは調子に乗って、「これは、替え玉してもいいってことよなexclamation&question
とか何とか言って、誰もいいって言っていないのに、勝手に替え玉を注文メモ
並盛りに改名したくせに…「約束破ってますよ〜exclamation×2下町のパラサイト麺さ〜んexclamation×2exclamation×2
そうそう、先日、アニキの高校時代の写真を見る機会があったんですけどね、
顔の大きさ以外は、ホント今と比べ物にならないほど、痩せてるのなんのって、
みなビックリですよふらふらふらふら
こうやって、人って太っていくんだなぁ〜と実感した次第ですたらーっ(汗)

とまぁアニキネタはこれくらいにしといて…
こちらが煮玉子入りらーめん左斜め下
マルハチらーめん.jpg


煮玉子のとろみ具合、なかなかいい感じでしたよ♪♪
ちなみに、麺は、「玉子麺」と「唐辛子麺ピリ」と選べるのですが、
アニキの替え玉は、「唐辛子麺ピリ」にぴかぴか(新しい)
唐辛子めん.jpg

辛いのは好きなのですが、辛味には敏感なので、ちょっと恐る恐るいただいたのですが、
意外と平気手(チョキ)
激辛ではなく、ちょっと口にピリッと残るくらいわーい(嬉しい顔)

この価格でこの満足度は、サラリーマンにはうれしい限りのらーめん屋さんですねかわいい
セットもお得な感じで、満足度大な1日デシタるんるんるんるん

By.半熟煮玉子娘。

■マルハチ岡山壱号店
岡山市北区下石井2-9-52 下石井ビル1階
080-3886-8448
営11:00〜23:00(OS22:30)
休不定 Pなし
posted by ラーメンexp at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。